玉原高原に生息する動物たち

玉原高原には、さまざまな動物たちが生活している 。
きつね、たぬきはもちろんテン、リス、ツキノワグマ、おごじょ、ももんが、野ウサギ 、やまね、ムササビ、ヒメネズミ、ニホンザル 、そして特別天然記念物のニホンカモシカも見られる。


玉原高原に住む昆虫たち

玉原高原に雪がなくなる頃からここで生息するいろいろな昆虫が活動をはじめます。

5月の下旬から6月の中旬ころちょうどぶな林の新緑のあといっせいに鳴きはじめるのがエゾハルゼミほんの短い期間だが玉原高原の春を演出してくれる

短い玉原高原の夏は昆虫たちにとっても活発な時期でもある。なかでもミヤマクワガタはここを訪れるお客様の人気者、夜に外灯の下を注意深く見ると運の良い人は見ることができる。

夏の終わりから秋にかけて手を出せば捕まえられるほど無数に飛んでいるアカトンボ仲間のアキアカネが見られる。

蝶類 ミヤマカラスアゲハ、モンキチョウ、ヒメキマダラヒカゲ、コムラサキ、エルタテハ、クジャクチョウ、フジミドリシジミ、ヒメシジミ、オオゴマシジミ、ゴマシジミ、など
トンボ類 アキアカネ、オオルリボシヤンマ、ムカシトンボ、ルリボシヤンマ、など
セミ類 エゾハルゼミ、コエゾゼミ、など
甲虫類

ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、コクワガタ、ヤマトアザミテントウ、アカハナカミキリ、マルガタハナカミキリ、コブヤハズカミキリ、マメコガネ、ハイイロビロウドコガネ、ツヤチャイロコガネ、など


玉原高原に生息する両生類

トウホクサンショウウオ、クロサンショウウオ、ヒキガエル、アマガエル、タゴガエル、ツチガエル、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエル、など